韓国の観光政策とシャトルバス
 2014/02/18 改:2016/07/21 吉村剛史(トム・ハングル)

★全州シャトルバス
全州外国人無料シャトルバスの申し込みが開始されました。
以下のページから申し込むことができます。
申し込みページ

<前回のブログ>
全州シャトルバス運行再び開始

前回のブログでお知らせしたあと、
シャトルバスが全州以外の周辺都市のお祭りにも
運行されることが決まっています。

全州シャトルバス

全州シャトルバス

お祭りへのバスといえば、
今冬、江原道方面へもシャトルバスが運行されていましたが、
今回、全羅北道でも同じ試みをするということです。

全州は外国人のみならず、
韓国人旅行客も勢いよく増加したようで

観光地としての位置づけが定着した感があるのですが、
その流れが他の地域にも波及するのは
地域活性という面で考えると、とてもよいでしょうね。

★K-シャトル

一昨年にもブログでお知らせしていましたが、
韓国訪問の年委員会の事業で始まっていた、
K-シャトルが、韓国訪問委員会でも
引き継がれて行われています。

<過去の記事>
K-シャトル(2012年/トム・ハングルのブログ)

このバスのことを簡単に説明すると
「①シャトルバスでの移動のみ」もしくは
「②宿泊&朝食込みのセット」を選ぶことができ、
いずれも一部区間のみの利用が可能なのです。

DSCF10081

以前は東南部コースと西南部コースの2コースだったものが、
現在は「韓国1周コース」になっています。

詳しいことは触れませんが、
ホームページにも記載されていますので。
そちらをご覧ください。
http://www.k-shuttle.com/

旅行に役立つ情報はここまでなのですが、
気になる点を考察してみます。

★観光事業を考えてみると

韓国では「観光を21世紀の基幹産業にする」
という考えをもっており、
これまでも様々な施策を行ってきたわけです。

韓国は国内需要が少ないといわれているため、
外国人観光客の誘致に力を入れてきていました。
シャトルバスもこの流れのなかで生まれたものでしょう。

ただ、ひとつ気になるのは、
国や自治体からのトップダウンで行われている
施策が目立っている点。

最終的には無料バスがなくても、
人を呼び込めるようにしたいと
考えているだろうとは思うのですが、

今後どれだけリピーターを増やして
観光客を呼べるか、というところも
重要になってくるように思います。

さて、2月3日付の聨合ニュースでも
こんな話題がありました。

「海外よりも身近な旅行地を 韓国政府が国内観光活性化へ」
聨合ニュース記事

これは外国人観光にとっても
良い方向につながると私は考えています。

韓国の人口は5000万人いますし、
国内の観光客をしっかり獲得してこそ、
観光事業が安定するのではないでしょうか。

外国人への広報を頑張って行なっていても
正直なところ地方観光にはまだまだ不便な点が
まだ多いのではないか、と思います。

韓国人向けで安定した需要ができれば、
宿泊施設が増えたりして、
全体的なサービスの向上に
つながるのではないかと思った次第です。

最近、観光政策の動向に動きが見られたので
こちらも紹介してみました。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ