陶磁器とお米、温泉で有名な利川(イチョン) | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

陶磁器とお米、温泉で有名な利川(イチョン)
 2012/01/07 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

東ソウルバスターミナルから高速バスで約1時間。米の産地としても知られる京畿道・利川(이천)市は陶磁器の街としても有名な場所です。沙音洞(사음동)と新屯面(신둔면)一帯に陶芸業者が集まり陶芸村を形成。利川9景のひとつにも指定されています。国道沿いには写真のように陶器をずらりと並べたお店が。近くには特産のお米を利用したサルパプチプ(쌀밥집)と呼ばれる韓定食のお店も点在しています。さらに帰りには利川温泉のスパでリフレッシュするのもおすすめです。

405897_345481435464897_908010452_n



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ



このページの先頭へ