高陽(コヤン)の一山カルグクス | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

高陽(コヤン)の一山カルグクス
 2011/12/19 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

京畿道高陽市の一山(イルサン)カルグクスは地元だけでなくソウルでも有名です。写真はソウルから京義線で約40分、楓山駅前にある一山カルグクス本店(일산칼국수 본점)の鶏カルグクス(닭칼국수)。刺激的な辛さの浅漬けキムチが添えられ、鶏肉やアサリの具に加え、ニンニクの利いたスープが食欲をそそります。麺もボリュームたっぷりで7000ウォン。とくに休日は70台収容の駐車場も満車で大混雑するほどのお店です。一山周辺(特に地下鉄3号線鼎鉢山駅)にはショッピングモールも充実しており買い物にも便利です。

ilsan-tark



  • 記事が役に立ったらシェア!

K-POPも聞き放題!破格の3か月99円(税込)キャンペーン(~1/4)

トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、実際に自分の目で見聞きした韓国を伝えている。海外文化を伝える『海外ZINE』(トラベロコ)の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ






このページの先頭へ