ソウル・孔徳(コンドク)市場で味わうグルメ~チヂミ&豚足
 2016/07/30 吉村剛史(トム・ハングル)

ソウル・孔徳(コンドク)駅。地下鉄5号線と6号線が交差し、2011年には空港鉄道の駅が開業。ソウル中心に位置するとはいえ、周辺はビジネス街のため、観光客はあまり多くはない場所です。

ちなみに「孔徳」という地名は、「大きな丘」という意味をもつクンドギ(큰 더기)に由来する言葉。つまり漢字は当て字だと考えるとよいでしょう。

西に進み、橋を渡れば、国会議事堂や放送局がある汝矣島というこの場所。孔徳にはビルが立ち並ぶほか、ロッテシティーホテルがあり、観光地へのアクセスも便利な場所柄です。

孔徳(コンドク)市場は、夜のグルメ通り!

開発が進み、都会的な建物が立ち並ぶ孔徳(コンドク)にも、地元に根付いた市場があります。隣の麻浦駅周辺にあるチュムルロク・テジカルビ横丁とともに、夕方になると仕事終わりの人たちが、一杯飲みに集まってくる孔徳市場。

孔徳市場を代表するグルメは、チヂミ(ジョン)と、豚足(チョッパル)。お酒を飲むのであれば一般的にはチヂミはマッコリと、プルプルとした脂分のあるチョッパルは、焼酎がよく合います。

それぞれ別々にお店が並んでいる通りがあり、夜になると多くの人でにぎわいます。

チョッパル横丁~ボリューム&コラーゲンたっぷり

kondok12

最初の写真はチョッパル横丁。市場なので、ふらっと入り、一杯飲むのに向いている、という場所。お店の前には茹で上がった豚の足がずらりと並んでいる光景を目にします。

ソウルには、東国大学近くの奨忠洞(チャンチュンドン)にもチョッパル通りが有名ですが、2~3人前(小)のサイズがこちらでは4000~5000ウォンほど安い、2万6000ウォンと、リーズナブルなのも魅力です。(※値段は改定になる場合があります)

gondok132

gongdeok21

付け合わせのおつまみは、お店によっても異なりますが、豚足だけでなく、スンデ(豚の腸詰)やレバーに加え、汁物なども出て来たりするお店も。

チヂミ横丁~セルフで食べたいものを選ぼう!

kondok2

チヂミ横丁は、韓国語では「ジョンコルモク(전골먹)」ともよばれます。この通りの左右にはこのように、食べたいチヂミをじぶんで取り、計算してもらう、という珍しいスタイル。

多種多様なチヂミに加え、ティギムという、フライや天ぷらなどの揚げ物など種類もたくさん!こちらはじぶんで選ぶ楽しみがあります。

孔徳(コンドク)市場の周辺

kondok12

孔徳市場の周辺には飲食店が多く、2次会、3次会にと飲み歩くのに便利。韓国旅行中、休日前の韓国の会社帰りの友人たちとに飲みに行くなら、朝まで飲み明かすのに最適な場所かもしれません。

<アクセス>
孔徳市場
アクセス:空港鉄道、地下鉄5号線、6号線孔徳駅近く



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ