韓国のお祭りの様子
 2013/06/17 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

韓国のお祭りの様子。それぞれが三角屋根の下で店を開きます。飲食店の屋台であったり、衣類を売る店であったり、縁日のゲームのような店であったりと、いろいろな店が出展しています。写真はユネスコ無形文化遺産に登録されている江陵端午祭(カンヌンタノジェ)ですが、このようなお店はどこのお祭りでも同じです。地域差が感じられるのは、特産物のコーナー。地元のマッコリの試飲ができたり、試食をしながらその土地のこだわりの品物が安く買えたりします。気になるお祭りがあったらぜひ出かけてみてください。

omatsuri-gn


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ