春川(チュンチョン)のタッカルビ横丁
 2011/11/09 改:2017/10/16 吉村剛史(トム・ハングル)

江原道・春川のタッカルビ(닭갈비)横丁。冬のソナタのロケ地になった春川・明洞街の脇に位置する通りです。写真はとある日曜日のお昼の時間帯。観光地化しているため多くの人でにぎわっています。

chungcheon-d

テーブルの真ん中には両腕を広げて大きな円を描くほどのサイズの鉄板が備え付けられおり、その中でやわらかい鶏肉と野菜を甘辛く炒めます。締めにはうどんやごはんを炒めて食べます。春川まではソウルから約1時間。タッカルビを食べに小旅行をするのもおすすめです。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、平昌オリンピック開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿中。プロフィール・お問い合わせ


このページの先頭へ