テボルム(小正月)のタルチプ~ソウル・南山ゴル韓屋村
 2013/02/26 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

一昨日2月24日は、旧暦の正月15日のテボルム(小正月)にあたり韓国各地でイベントが開かれたようです。写真はソウル・南山ゴル韓屋村。午後7時、新春の美しい満月とともに、日本のどんど焼きにも似た「タルチプ」が焼かれ、多くの人が詰めかけました。周囲ではテレビカメラや消防車が見守っており、子どもを肩車するお父さん、スマートフォンで写真を撮る人々などでいっぱい。厳しい寒さは和らいで、少しずつ春の訪れが感じられる月夜の行事でした。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、17年は平昌五輪開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿。2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。プロフィール・お問い合わせ


このページの先頭へ