韓国人と遊ぶ~coffee break♪―Angel in-us Coffee
 2011/05/16 改:2011/05/16 吉村剛史(トム・ハングル)

地方をめぐる旅もちょっとひと休み。
ちょっとカフェで一息、なんていうのはいかがでしょうか。

晋州(チンジュ)に住んでいる友達と会おうと思ったのですが、
時間の都合もあり、今回はそこまでは行くことができず…。
馬山(マサン)にある慶南大学校前で待ち合わせることに。

DSCF2270.jpg

最近見かけるブログでは、
ソウルのおしゃれなカフェがよく取り上げられていますが
このブログのスタイルとしてはちょっと少なめ。

でもときにはちょっと違った雰囲気もいいのかなと
街のところどころにあるチェーン店、Angel in-us Coffee。
ドアには天使の羽がついているというお洒落なデザイン。

DSCF2267.jpg

コーヒーショップに入ると、
韓国にいるというそんな気持ちは薄れてしまいますが、
でもすごくゆったりとしているのはこの店のよいところ。

ギスギスと密集したような都会のカフェとは裏腹に、
いすも座り心地がよくゆっくりおしゃべりしたり本を読んだり、
なんだかのんびりと長居したくなるような雰囲気。

割り勘をしない韓国式に、と思い、
食事代は私が出したところ、彼女がコーヒーをご馳走してくれるとのこと。
おなかいっぱいなんですがデザート付のセットにしようということで。

DSCF2264.jpg

こんがりと焼かれたブレッドに
生クリームとシナモンのソースがかかっているこの一品。
おなかがすいていてもちょっとボリュームがあるように見えませんか?

日本のカフェにこういうのあったかな?
2人で食べられるような、こういうの韓国スタイルなのかな。
なんて思うんですが、あまりカフェに入らない私はわかりません。

DSCF2263.jpg

ふんわりとしたクリーム。
まわりは硬めなのですが、ナイフで一口サイズに切って
口に入れるとなかはふわっと柔らかいブレッド。

彼女はこの日、巨済島(コジェド)からの旅行帰り。
その彼女の友人が慶南大学校の学生ということもあり、
晋州に帰る途中で、馬山に立ち寄ってもらったのです。

写真を見せてもらったのですが、
4人で素泊まりでペンションにとまり、
食材を買ってバーベキューをしているようすが写ってましたね。

「4人で11000ウォン、安いでしょ」
といいながら見せてくれたけれども、
なんだかインテリアにもこだわった内装が
とてもきれいなペンションでした。

人との出会いを楽しみにひとり旅を続ける私。
だけど友達とこういう旅行をするのもいいなぁ~。
今度はそんな韓国旅行をしたいなぁと思っています。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ