ソウルから地下鉄で温泉へ~牙山市・温陽温泉
 2012/12/24 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

ソウルから地下鉄に乗ったまま行ける忠清南道・牙山(アサン)市の温陽温泉(オニャンオンチョン)駅。温陽温泉はハングルを創製した世宗大王も治療に訪れたという歴史の深い温泉です。日本のような温泉情緒は感じられませんが、駅周辺には足湯や温泉施設が点在。駅前にはクリスマスツリーも点灯、おそらく旧正月ころまで輝いていると予想します。-10度を下回る韓国の冬、ちょっと温泉に立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。(ソウルから地下鉄で約2時間30分、KTX利用で1時間程度です)


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ