ソウル・マッコリバーさんぽ【1】-Chez Maak(シェマック) 江南店
 2013/11/04 改:2016/08/02 吉村剛史(トム・ハングル)

今年7月のある日、
韓国旅行ブロガーのゆりんさんからお誘いをいただいて
江南のマッコリバー「Chez Maak/シェマック」で行われる会合へ。

makch1

ゆりんさんは、私がこのブログを始めたころにはすでに有名ブロガー。
ソウルの旅やおしゃれなお店を20代の女性目線でキャッチしていらして、
等身大で素直に書かれており、写真もきれいなので憧れの的。

実はゆりんさんの隠れファンでした^^;;(←カミングアウト)
ゆりんさんのブログ

一方で私はといえば、韓国人でも知らないマニアックな場所に行き、
そこで出会った見ず知らずの人と話し、
ブログに書くという独特のスタイルを展開。

絶大な人気を集められるなんてことは到底なく、
よく知らないのに無理に背伸びをしたりして、
わかる人でもわからない、オタクなブロガーぶりを発揮していました。

そんな26歳(当時)のアラサー独身の私ですが、
マッコリバーなぞおしゃれな場所にも、ついに登場・・・。

Chez Maak(シェマック)の江南店。
白蓮マッコリで知られる忠清南道・唐津(タンジン)の
新平醸造場が運営するお店です。

実はこの会、マッコリソムリエ会なのです。
参加者はほとんどが女性で男性は少数派。
しかも年齢層も比較的若めです。

司会は韓国伝統酒コラムニストで、
マッコリソムリエのミョン・ドングンさん。
明るい語り口、そして流暢な日本語で説明してくださいます。

makch2

マッコリ利き酒。
ここに用意されていたのは4種類。

・忠清南道鎮川郡の徳山(トクサン)マッコリ
・京畿道楊平郡の砥平(チピョン)マッコリ
・忠清南道唐津の白蓮(ペンニョン)マッコリのSnowとMisty

ちょっとした感想を求められるのですが、
その場でマッコリの味を表現するって、
なかなか難しいのです。

私も旅の途中、各地のマッコリを飲んできたわけですが、
舌で記憶したり、私しかわからないメモが残っている程度。

「京畿道の東側あたりの飲み口に近いぞ!」とか
「クセがなく女性にも飲みやすそうだ!」というもので

私も説明できるように
表現力を養いたいところです。

マッコリ好きな人が集まっていろいろと感想を話ながら
テイスティングをするという利き酒って、楽しいものですね。

お酒はマッコリのほかにも安東焼酎や、
韓国の伝統酒カクテルも登場。
カクテルは見た目にも綺麗です。

makch3

さて、料理もおしゃれな創作料理。
マッコリバーでは韓国風の要素も残しながら
手をくわえて工夫を凝らした料理が多いんですね。

ここはわりと洋風に見せかけているとはいえ、
ご飯はピラフではなく、ちょっとピリ辛のポックンパプ。

makch4

豚肉のモッサル(首肉)の味付け焼肉

makch5

サツマイモ揚げも。
makch6

さらには緑豆ジョン。
makch7

韓国ではありふれた安酒、というイメージだったマッコリ。
私も鍾路3街・タプコル公園裏の、古めかしい居酒屋に入り、
ひとりでマッコリを飲み、ときには話しかけられたりするわけです。

そんなマッコリも、日本ではとくに女性に支持され、
おしゃれなマッコリファンが集まって、
お酒と料理を楽しむというスタイルがあることを、

以前から知ってはいたけれど、
このときようやく身をもって体感したのです。

韓流ブームは過ぎたけれど、
日本の飲食店でマッコリがもうちょっと流行っても・・・
もう少し大衆化するといいなぁ、と思った次第です。

<店舗情報>
Chez Maak江南店
住所:ソウル特別市 江南区 駅三洞 814-5 2F



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ