春から初夏の名物・ベンテンイ(サッパ)の刺身~仁川・江華島 | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

春から初夏の名物・ベンテンイ(サッパ)の刺身~仁川・江華島
 2013/05/17 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

おもに春から初夏にかけて江華島で獲れる魚、「ベンデンイ(밴댕이)。日本語ではサッパといい、地域によってはママカリと呼んだりもするそうです。日本だともっと小さくさばいて盛り付けると思いますが、切り方からして豪快な感じ。この魚を刺身として食べるのには、特に鮮度が重要だそう。食感はイワシの刺身よりも、身がしっかりとした感じ。このときは刺身店で食べましたが、市場のおばさんに「ここで買ってさばいて、外で食べれば店よりも安くすむよ」と言われました。海辺で焼酎を飲みながら刺身を食べるのもいいですね。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ






このページの先頭へ