エアプサンで安く快適に!
 2011/07/12 改:2016/09/06 吉村剛史(トム・ハングル)

2011年6月23日、成田空港発釜山行きのエアプサンが就航しました。エアプサンは格安航空会社(LCC)ですが、安いだけにサービスの質は果たしてどうなの?と思っていたのですが、結論から言いますと通常のエアラインと比べても遜色は感じられませんでした。安かろう、悪かろう、ではないのです。

airbusan1

就航記念のキャンペーンとして5月末までの申し込みで、成田-釜山往復9,900円という破格で売られており、「そんなに安くいけるなら」と思わず購入してしまったチケット。今回の場合、土曜日発だったために少々金額が上がり、14,700円でしたが、それでも十分安いのです!燃油+諸税込みで総額22,000円で往復できてしまったのです。

airbusan2

両側3列シートが通路を挟んでいる機内。座席は機体後部まで見渡せるので、ぎっしり詰められている気はしますが、座り心地も広さも一般的な航空機と同じくらい。従来の航空会社と違う、と思ったのは、個々の席にモニターがついていないことくらいでしょうか。そのため、映画や音楽などのサービスはありません。

続いてエアプサンでは機内食が提供されますが、今回の往路はクロワッサンにチーズがはさまれたサンドウィッチ。そしてデザートとしてついてきたのがパイナップル。

airbusan3

そして復路はといいますと、カレーでもなく中華丼でもないのですが、機内食としてはよく見られる無国籍タイプのごはん。

airbusan4

さらにパックに入っているのはキムチ。かわいい大きさ(60g)のキムチが気圧の影響をうけてパンパンに膨れて上がっています。珍しいので記念として持ち帰ろうかと思いました。

airbusan5

ドリンク、アルコールも無料サービスです。韓国の航空会社なのだからと、韓国のビールを注文。従来のエアラインと大差ないですね!

<2010年7月12日現在の時刻表>
往路:成田発13:55-金海着16:15
復路:金海発10:55-成田発12:55

この時刻表を見ますと、成田を見ると、約1時間で折り返し運行となっていることがわかります。つまり天候などの影響で金海発の航空機が遅れると、成田発に影響がでることもあるわけですね。

LCCであるがゆえのデメリットも考えられますが、この値段で韓国に行けてしまうのは魅力ですよね!7月1日からは成田-ソウル間にイースター航空も参入。

安く、そして気軽に、ふらっと韓国旅行に出かけられる。そんな時代の幕開けです。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。31歳。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、地方にも関心が高い。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ