束草(ソクチョ)・アバイスンデとオジンオスンデ
 2012/02/26 改:2012/02/26 吉村剛史(トム・ハングル)

江原道・束草、ドラマ「秋の童話」の撮影地になったアバイマウル。朝鮮戦争による分断のため、故郷に帰ることができなくなった咸鏡道(現・北朝鮮)の”失郷民(실향민)”たちが故郷を懐かしみ作ったオジンオスンデ(左上)とアバイスンデ(右下)。オジンオスンデはイカの胴体に豚肉や人参などの”あん”を詰めて卵をまぶし油を敷いて焼いたもので、日本のイカめしに似たようなボリュームが感じられます。アバイスンデは大腸に”あん”を詰めたもので、皮の部分の張りの良さと玉ねぎの旨みが存分に加わったミンチのような柔らかい食感がうまくマッチしています。

097


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ