海に近めの田舎市場で、あさりカルグクス | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

海に近めの田舎市場で、あさりカルグクス
 2014/04/21 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

パジラク(あさり)カルグクス

あさりカルグクス(パジラクカルグクス)

短い期間の旅ですと、どうしてもガツンとした料理が食べたくなるもの。そんなとき、おばさんがひとりで店を切り盛りする市場の小さな食堂に立ち寄ってみるのもよいかも。海の幸をつかったカルグクスってソウルでも食べられるけれど、澄んだ空気をたっぷり吸うと食欲もアップ、気分も上々。写真は、忠清南道・瑞山の東部市場で食べたあさりカルグクス(パジラクカルグクス)4,000ウォン。あっさり味のスープに、ズッキーニやたまねぎもたっぷり。麺のおかげでスープにとろみが増して、これ一杯で十分まんぷく。

<ひとことメモ>
こちらは小さな食堂。海辺の刺身店などに大人数で行くと、カルグクスが洗面器よりも大きい容器に入って出てきます。初めてみると、ホントにびっくり。ひとり旅も良いのだけれど、グループ旅行はまた一味異なった楽しみがあるのです。



トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、実際に自分の目で見聞きした韓国を伝えている。海外文化を伝える『海外ZINE』(トラベロコ)の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ


  • 記事が役に立ったらシェア!




このページの先頭へ