初夏の釜山・松亭海水浴場
 2014/05/11 改:2016/10/17 吉村剛史(トム・ハングル)

松亭海水浴場

松亭海水浴場

釜山(プサン)といえば、港町。夏になると海水浴を楽しく旅行客が集まってきます。そのメッカともいえるのが海雲台(ヘウンデ)海水浴場。夏の写真を眺めていると韓国人だけではなく、世界中の人がビーチにいるように思えます。海周辺の夏の雰囲気はとってもにぎやかで、日が沈んでからも浜辺の周辺がガヤガヤと騒がしい様子です。でもこちらの静かな海水浴場の写真をご覧ください。

DSCF2023

きょうの写真は5月下旬の松亭(ソンジョン)海水浴場の様子。海開き前なので泳ぐ人はいませんが、海辺で遊ぶ人たちがちらほらいます。テントをはったりして、初夏のビーチの雰囲気を楽しんでいるのでしょう。こちらは少し落ち着いた雰囲気。だからこそおすすめしたい釜山の穴場スポットです。

韓国旅行ひとこと
釜山の釜田(プジョン)駅を出発し、慶州、浦項方面へと海岸線にそって北上する東海南部線。以前は松亭駅から海雲台駅間の列車から海雲台ビーチと広安里海水浴場を見渡せるビュースポットがあって、それがとても美しかったのです。けれども2013年秋に松亭駅と海雲台駅が新しい駅舎に移転し、残念ながら列車からその景色を見られることはなくなりました。

しかし2014年3月からこの路線がウォーキングコースとして生まれ変わり、歩いてこの絶景を堪能できるようになったのです!この周辺は海の美しい景色が楽しめる場所で、「タルマジギル(月見の道)」という美しい小高い丘もあります。夏は歩くと暑いですが、この過ごしやすい初夏の時期にぜひ散歩してみてはいかがでしょうか。参考記事:タルマジキル(月見の丘)



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。韓国旅行・地方旅の総合発信者。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、講座、トークイベントでの発信も。これまで韓国100市郡以上を踏破。平昌五輪開催の江原道公式ブログにも寄稿中。プロフィールお問い合わせ


このページの先頭へ