駅のインターネットコーナー
 2011/09/29 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

2011929cp
駅に置いてあるインターネット用のコンピュータ。迷彩服を着た軍人さんも使っています。旅先でのちょっとしたメールチェックや旅の情報を得たいときにはとても重宝します。今となってはスマートフォンで調べ物ができるようになり、このようなコンピュータの役割は小さくなっているかもしれませんね。写真はKTXが停車する韓国鉄道公社の東大邱(トンデグ)駅。料金は15分で500ウォンです。


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ