仁川港・韓国初の海水温泉
 2011/09/26 改:2016/08/04 吉村剛史(トム・ハングル)

20110926yr

仁川港旅客ターミナル周辺には海水温泉(해수탕)があり、週末になると首都圏地域から多くの人が湯に浸かりにきます。地下200mから汲み上げて使用している海水。その成分には様々な効能があるそうです。私が入ったときには心なしか肌がすべすべになったような気がしましたが、美容にも効果があるのだとか。写真は1985年に開業した韓国初の海水温泉、ユリムヘスタン(유림해수탕)です。※日本植民地時代には月尾島に海水温泉があったそうです。



  • 記事が役に立ったらシェア!
Twitter,インスタグラムで韓国旅行の情報をゲット!
Twitter @tomhangeul
Instagram @tomhangeul
トム・ハングル(吉村剛史)
吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビュー、その後韓国旅行、語学Webの編集・ライターを経て、文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破。海外の常識をレポートする『海外ZINE』の韓国担当ライター、平昌オリンピック開催地の『江原道公式ブログ』にも連続寄稿中。プロフィール・お問い合わせ


このページの先頭へ