仁川空港 金浦空港 | 韓国&韓国旅行 | トム・ハングル

仁川空港 金浦空港
 2019/01/07 吉村剛史(トム・ハングル)

ソウルの玄関口といえば、仁川空港と金浦空港。初めての韓国旅行をされるという方で東京、大阪発の方はどちらを利用するのがよいのか、お悩みではないかと思います。一方で他の地域からは基本的に仁川空港を利用することになります。

とはいっても、仁川空港から入国した場合でも済州島を訪れる場合は韓国国内線への乗り継ぎが必要となりますし、その時は仁川空港から金浦空港へと乗り継ぎます。また金浦空港に到着した人が、他の国へ行く場合には金浦空港から仁川空港へと移動することもあります。

そんなこともあり仁川空港、金浦空港の両方を利用することもあるのです。

東京、大阪発の韓国旅行では仁川、金浦のどちらを利用する?

東京、大阪発の方が仁川空港、金浦空港のどちらを利用すればよいのでしょうか。

結論をお伝えしておくと、仁川空港への便は価格が安めだが、そのかわりソウル中心部への距離が遠いという傾向があり、一方で羽田空港の便は価格が高めで、ソウル中心部への距離が遠いという傾向にあります。

※詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

金浦空港と仁川空港、どっちを使うのがイイ?移動と市内アクセスは?

金浦空港は日本、中国、台湾といった東アジアへの路線が基本のため、乗り継ぎに金浦空港を利用することはほとんどありません。

仁川空港から金浦空港を利用するには?

仁川空港に到着後、金浦空港を利用する際の多くは韓国の国内線利用です。仁川空港から金浦空港まで移動する方法は、

金浦空港―仁川空港の移動法は?

金浦空港から仁川空港の移動~乗り継ぎはバスが便利?鉄道が便利?



トム・ハングル(吉村剛史)

吉村剛史(よしむら・たけし) 1986年生まれ。ライター、他。2012年に韓国文化誌『スッカラ』でデビューし、同年中央日報に掲載される。これまで文化センター講座、トークイベントでの発信も。1年8ヵ月のソウル滞在経験のほか、韓国100市郡以上を踏破するなど、実際に自分の目で見聞きした韓国を伝えている。海外文化を伝える『海外ZINE』(トラベロコ)の韓国担当ライター、2018年2月号『散歩の達人』第2特集の取材・文を担当。同6月から韓国水産食品(K-FISH)広報サポーターズ。プロフィール・お問い合わせ


  • 記事が役に立ったらシェア!




このページの先頭へ