金浦空港

金浦空港はソウル特別市江西区に位置する国際空港。1958年から民間機、1971年から国際空港として利用が始まり、2001年に仁川国際空港が開業するまで、韓国の玄関口として利用されてきた。その後は国内線を中心に、国際線は日本、中国、台湾の路線が就航し、ソウル市内へのアクセスが便利な空港として利用されている。

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2017年01月25日 改:2017年01月26日

  • 記事が気に入ったらシェア!

このページの先頭へ