旌善


旌善(チョンソン)は江原道西南部に位置する都市で、平昌郡や江陵市と隣接している。太白山脈に位置し、かつては炭鉱の町であった。炭鉱の村、九切里とKORAIL旌善線の終点、アウラジ駅とを結ぶ約7.6キロの廃線跡はレールバイクが走り、旌善を代表する観光名所のひとつになっている。

2と7がつく日に開かれる旌善五日市(チョンソンオイルジャン)は、山菜や漬物の販売のほか、江原道の特産のソバを使ったチヂミなどが屋台で提供され、地元の人のみならず多くの観光客でにぎわう。また、市が開かれる日には韓国3大アリランのひとつ、旌善アリランの公演が開かれる。

廃坑地域をリゾート地化したハイワンリゾートは、外国人のみならず韓国人も合法的にカジノが楽しめる江原ランドがあり、ほかにも子供や若者向けのテーマパークやゴルフ場がある。画岩国民観光地は、湧水や洞窟、景勝地など山々の美しさと自然が楽しめる。

・韓国語・ハングル:정선

・アクセス・行き方
ソウル・清凉里駅から鉄道で約3時間、旌善駅下車。
旌善五日市へは駅から市内バスで約10分。徒歩でも行ける。

・旌善出身の有名人
ウォンビン

文:トム・ハングル(吉村剛史)公開:2014年04月29日 改:2017年07月26日

  • 記事が気に入ったらシェア!
旌善の記事
  • 山あいの街の賑やかな五日市~素朴なグルメが揃う旌善(チョンソン)


  • このページの先頭へ